信頼関係を築いてから授業を行う個別指導塾

カウンセリングで学習意欲を引き出す

不登校を経験した講師がいる個別指導塾では、信頼関係を築いてから授業を行っているのも特徴です。まずは何気ない日常会話からスタートし、慣れてきたらカウンセリングで生徒の学習意欲を引き出します。ここでポイントになってくるのが、不登校で悩んでいる生徒の心の負担を軽くすることです。極度のストレスを抱えていると、物事もなかなか前向きに考えることが出来ません。メンタルが落ち着いてくれば、生徒が勉強してみようと思うきっかけも生まれやすくなります。最初から勉強をやらせるのではなく、本人がやりたいと思ったときに授業を始めることが大事です。生徒の気持ちを尊重しながら、本人のペースに合わせて授業は進められていきます。

不登校生でも進学の選択肢が広がる

講師が不登校の経験を生徒に話すことで信頼関係も築きやすくなります。個別指導塾では、講師と生徒の相性が良くないと満足いく授業も行えません。不登校コースのある塾はカウンセリングを行える講師が在籍しているので安心です。必ずしも大きな目標を立てる必要はなく、学校の進度も無理に合わせることはしません。本人が勉強の必要性を理解すると学習のペースも自然と上がっていきます。生徒の自主性を育むために自習スペースを用意している塾も多いです。学力が向上すれば不登校生でも進学の選択肢は広がります。個別指導塾は生徒のサポートが充実しているのも強みです。無料の体験学習を行っている塾もあるので、ぜひ気軽に問い合わせてみて下さい。