保護者の悩みにも対応する個別指導塾

マンツーマンでの指導により、人への恐怖心を払拭してくれる

不登校児を抱える保護者にとって、一番の悩みは、子どもが人への恐怖心を克服し、社会に復帰できるかどうかです。不登校になる理由は様々ですが、多くの場合、同級生や教師への恐怖心や不信感が大きな要因となっています。こういった感情を抱いた子どもにとって、大勢の人がいる学校はとても恐ろしい場所と言えます。そんな時、マンツーマンで生徒と向き合う個別指導塾では、教師と子どもの距離が近く、安心感があり、心を開きやすいといったメリットがあります。特に講師自身に不登校の経験があれば尚更です。子どもからすれば自分の気持ちを講師に素直に伝えやすく、保護者にも言えなかった悩みを打ち明けることも可能です。その為、講師と保護者がコミュニケーションがしっかりとれていれば、不登校を解消する糸口を見つけることができます。

不登校による勉強の遅れをフォローしてもらえる

保護者にとってもう一つの大きな悩みは、不登校による勉強の遅れです。不登校が一時的に解消しても、学校の勉強についていけなければ、今度はそれが原因となって、また不登校に逆戻りしてしまうかもしれません。仮に不登校が解消した場合でも、勉強の遅れを取り戻すのは大変です。これに対し、個別指導塾であれば、他の子どもから学校の勉強の進み具合を把握しつつ、不登校児の個々の勉強の理解度に合わせて授業をしてくれるので、容易に遅れを取り戻すことができます。特に不登校の経験がある講師であれば、子どもの心情を理解できるので、心理的負担を考慮しつつ、無理なく勉強を進めることができます。このように、個別指導塾は、不登校児にとってもメリットが大きい場所なのです。

高校生の塾を選ぶ場合には、目的を明確にすることが重要です。受験対策に特化した塾だけではなく、授業の遅れを取り戻すために補習をメインにしている塾もあります。